★☆瞬間接着剤☆★ 2013年12月17日

何故かこのタイトル、この写真。
一般的な接着剤ですが、私には無くてはならない商売道具です。
ソムリエナイフや、ワインのコルクを覆っているキャップシール、
シャンパーニュの止め針金などで手指を切った時、活躍します。
そう、ご名答(答えさせるな)、絆創膏の代わりにこれで接着します。
残念ながら絆創膏は使えません。
傷をしている事が目立ち、取れた時には異物混入になります。
でも、完全止血するまで待てない。そんな時、これをちょっと傷口に、、、
あら不思議、もう止血できた。
傷口も目立たず、これで仕事に復帰、という訳です。
もちろん、壊れた物をくっつけるなど『正しい』使い方でも活躍していますよ。
ここでは『間違った』使い方の紹介でした。
いや、厳密に言えば『破損箇所の接着修復』だから、これも『正しい』使い方か。

この他にもあらゆるメーカー・タイプを試した結果(試すな)、
粘着強度、速乾性、持続性、あらゆる観点から判断した結果(判断するな)、
このメーカー・タイプに決定しました(決定するな)。
私にとって、なくてはならない七つ道具の一つです。

傷口につける度に、キュッと滲みて『あっ、消毒している』と、
間違った感覚に陥る、ソムリエ小谷 でした。

935786_450958951654207_449748525_n
  • VITRA NAGOYA