★☆ヴィン サント Vin Santo☆★ 2013年12月15日

正しくは『ヴィン・サント “オッキオ・ディ・ペルニーチェ”』。
Vin Santo "Occhio di Pernice"。
意味は『聖なるワイン“ヤマウズラの瞳”』。
赤ワイン用ブドウ品種から作られる珍しい白甘口ワインです。

イタリア・トスカーナ州産。
白ワイン用ブドウ品種から作られる普通の『ヴィンサント』もありますが、
『ヤマウズラ~』と銘打った一本は、 私の知りうる限り、
白甘口ワインの最高峰であり、最大の敬意を払う一本です。

今までご紹介した白・赤ワインなどに比べ途方も無く希少価値が高く生産本数も少ない。
従って価格も高いので、味わうどころかお目にかかる機会もなかなかありません。
年間生産量はハーフボトルのみで1000本未満。
しかも収穫されてから出荷まで最低10年。毎年生産せず、超優良年だけのリリース。
輸出量限定のみならず、イタリア国内でも割り当て限定。全てが異例の怪物ワインです。

優良年の1985年ヴィンテージに 巡り合ったのが1998年です。現地での事。
確か85年の生産量は300本と明記してありました。
当時、このワインの噂は耳にしていましたが、味わう機会がありませんでした。
ワインリストに表記していても高額の為、注文する方もいませんでしたが、
とあるお客様がリストで発見した瞬間に驚愕され、
次に号泣しながら『全量を買い上げたい』と熱望されました。
オーナーと相談の上、承諾しました。この方はスイスにお住まいのワイン商。
どうしても手に入れたかった垂涎の品だったのです。
それから彼は店の常連になり、来店する度に一本ずつお召し上がりになりました。
封を切る前に必ず私と彼が一緒に十字を切り、
『聖なるワイン』を口にできる事への感謝の言葉を神に捧げてから、杯を交わしたものです。
彼は一人で3ヵ月に一度来店、彼との交流は私の帰国まで続きました。
友情の証にと頂戴したソムリエナイフは今でも大切なワインを開ける時に使っています。

濃密なむせかえる薫り、爆発する味わいはまるで上質の黒蜜です。
頭に抜ける強烈な質感に、ただただ呆然とするのみ。
あれから数回味わいましたが、やはり優良年の85年産は忘れ難い。
どこかで巡り会いたいと切望しています。

この『聖なるワイン』。いつか私が天国に召される時、神様に届けたいなと思います。
貴方の為のワインですよ、と。そしたら、中に入れてくれるでしょうか。どうかな?

『どうもありがとう』とワインだけを受け取られ、
そっと天の扉を閉められる可能性が大きい、
ちょいと罰当たりな ソムリエ小谷 でした。
m_dsc02908_blog_img
  • VITRA NAGOYA