★☆マニュファクチュア・ド・モナコ Manufacture de Monaco☆★ 2014年03月28日

遂に登場!新しいピノのエスプレッソカップの紹介です。
白のカップ&ソーサーに『スワロフスキ』クリスタルデコレーション。
非常にきらびやかですが、清楚です。
これ、デコ電屋に作ってもらったのではありません。
由緒あるメーカーの物です。
マニュファクチュア・ド・モナコ
Manufacture de Monacoといいます。
地中海に面した観光とカジノ、
ヨットハーバーとF1GPの国、モナコ公国の物。
先の大公レーニエ2世と、
元ハリウッドスターのグレース公妃のバックアップにて設立された、
列記としたモナコ公国公室御用達陶磁器メーカーです。
昔ながらの家族経営で丁寧に作られた、
高品質かつスタイリッシュなデザインは、優雅の一言。
クラシックなデザインのお皿なども作り続けていますが、
2007年からスワロフスキとのコラボで生産を開始した、
この『クリスタル』シリーズは特に人気で、
プレートやカップ、ポットに模様を描くように貼られた一連の作品は、
特に女性のお客様にご提供すると始めびっくり、そしてにっこりと大人気です。

難点があります。まず、あまりにも家族経営に拘りすぎ、生産量少。
日本未輸入な事。
次に、クリスタルが剥落する事(剥落する=取扱い難=日本未輸入、なのかもしれない)。
接着なのでしょうか。当然、熱と衝撃に弱い。
知らず食器洗浄機にかければ、汚れと一緒にクリスタルも一掃され、白い素肌があらわに。
夜なべ接着剤とつまようじとピンセットで貼り作業となりかねない
(ひょっとして、、、やらかした経験ありか)。
Prouna(ハーブティー金カップ)、
Haviland(コーヒーカップ)と並んで三種類目の看板カップ。
今まで書いてきた『カップの講釈のへったくれ』にどれひとつ当てはまらない、
単純に『清楚な凄み』で選ばれた『純然たるお楽しみ用』です。
しかし、その規格外の中にも美しさが凛としてあり、
それがピノの雰囲気作りに無くてはならない存在感を醸し出しています。
更にこのカップの美しさと、
先に書いたグレース公妃(グレース・ケリー)の美しさを思い重ねてしまいます。
(ヒッチコックの裏窓、、、彼女の全てが最高です)
清楚な美、圧巻です。
ピノでエスプレッソ注文の時だけ登場します。貴重!是非ご注文下さい。
モナコ
  • VITRA NAGOYA